ラーメン屋さんを開業して自分の店を持つ方法

中国から商材を輸入する

中国輸入代行とは中国からの商材の輸入をサポートしてくれる代行業者のことです。単なる輸入代行から商品を見つけ出してくれたり、検品やアフターサービスを行っているところもあり、それぞれの事情に合った業者を選ぶことができます。

介護のフランチャイズ

さくら介護グループは、介護事業のフランチャイズを行っている企業です。フランチャイズで介護事業をはじめるにあたって、フランチャイズを申請する手続きや資金調達のアドバイスなどのサポート体制が充実しています。

二通りの方法がある

ラーメン

支援者を探した方が安心

定年退職後にお店を開くなど、第二の人生を歩む人が存在します。特に、ラーメン店を開業したいという人が増えてきているのは、日本人にラーメン好きが多いからなのかもしれません。ラーメンは手軽に食べられるだけではなく、小規模スペースでもお店として構えやすくなっています。まず、開業するからにはどのような手順なのか調べてみましょう。大きく分けて二通りあります。一つ目は暖簾分けする方法です。これは有名チェーン店に勤めて、そこでラーメンづくりの修行をし、暖簾分けするという方法になります。基礎から学べるので、とても効率的です。また、チェーン店によっては、最初から開業に向けての育成をしてくれるところもあります。つまり、店長候補として採用してくれるのです。これなら独立開業に向けて学べるので、効率的な方法と言えます。もちろん、開業時には資金面などのバックアップもしてもらえます。そして、もう一つは、自力で何とかすることです。定年退職後なら退職金や貯金など、ある程度のまとまった資金があるはずです。それを活用して、自力でラーメン店開業の立地場所を探します。もちろん、このように個人的に探すにしても支援者は必要です。飲食店の独立開業を手助けしている会社もあるので、いろいろと探してみましょう。資金面や立地場所選び、集客方法など、様々な面で協力してもらえます。以上のような点を踏まえて準備を整えていきましょう。

柔道整復師の開業を支援

接骨師会は、柔道整復師による同業者団体です。加入は任意ですが、開業時の手続きや開業後の業務を支援してくれる非常に頼りになる存在です。特に受領委任に係る諸手続きの代行は、業務の負担を軽減するのに大いに役立ちます。