ラーメン屋さんを開業して自分の店を持つ方法

中国から商材を輸入する

中国

代行業者を使う場合は

中国から商材を輸入する際にネックとなるのが輸出入手続きです。また隣国とはいえ中国まで行くのには相応の費用が掛かりますし、中国に到着してからの移動にも相応の費用が必要です。このため、輸入の規模がそれほど多くない場合には中国輸入代行業者を使うのが一般的です。中国輸入代行業者といってもいくつかの種類があり、中国にだけ会社があり、商品の調達と日本への輸出手続きを行ってくれるだけのところから、日本にも物流倉庫を構え日本での検品やアフターサービスを受ける事ができるところもあります。特に輸入でネックとなるのが不良品の発生や運送中の破損などの対応で、これらが整っている中国輸入代行業者を使うことが失敗しない上でも重要です。また中国輸入代行といっても、中国の製造メーカーから直接買い付けるものから卸業者から購入を仲介するだけのものもあります。いずれにしても中国からどのような商材を輸入するかで代行業者選びが変わってきます。一方で中国輸入代行での費用はおおむねすべての会社で同じ方式を採用しています。購入する価格に対してレートに上乗せするというものです。また代行手数料としては、総価格に対して1割が一般的です。このほか送料も掛かりますが、最低1500円からで高くても1万円程度は必要になります。このため商材の価格が安くても、そのほかの諸経費を考慮する必要があり、いかに商材の価格を抑えるかが中国から輸入する際のポイントになります。